スポンサーサイト


にほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へ
にほんブログ村

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]

文鳥のかみグセ


にほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へ

ちゅん太郎はかみグセがひどいです…(´;ω;`)

好奇心旺盛でなんでもかむヒナの時期は本当に辛いんですね(人間が)

今までの文鳥ちゃんたちはそんなにかまなかったので、

こんなに痛いなんて知りませんでした。笑




文鳥好きに有名なマンガ『文鳥様と私』で

ヒナのカミカミ期が辛い!と作者の今市子さんがおっしゃってましたが、

やっと理解できました。(笑)

うさかめ(文鳥様と私に出てくる屈強な文鳥兄弟)

みたいな強〜い文鳥の話だと思ってましたよ…笑

うさかめ兄弟(文鳥様と私3巻より)
_20151105_195808.jpg

_20151105_195725.jpg

さえきひなこ(文鳥様と私5巻より)
_20151108_201059.jpg

_20151108_201120.jpg_20151108_201159.jpg

「文鳥様と私」久しぶりに読んだら面白くて...

ちゅん太郎はういろうくんに似ている気がします。



ちゅん太郎に噛まれたところは、がっつり赤くなります…(´;ω;`)

痛いでしょ!って言ったり、

くちばしをつまんだりすると、

ちょっと気まずそうになって、

やめてくれたり、噛む力が弱くなるので、

痛がるのはわかってるけど、やめられない!

みたいな心境なのかな…笑

_20151104_1628322加工

でも可愛いから許す(//∇//)

こうして文鳥はわがままになるのだ(笑)





にほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へ
にほんブログ村

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット


ネットビジネスで1億円稼いだ皿洗いの物語(STP)




コメントの投稿

非公開コメント

No title

かみかみ、人間にはつらいですよね~( ;∀;)
もふもだんだん力が強くなってるので痛いです……
しかも噛んでひねる(!)のがもう……
ちゅん太郎ちゃんもやっぱりひねりをくわえるのでしょうか?(笑)
本鳥は楽しんでるけど、人間は羽がないから痛いですよね~
気まずそうなちゅん太郎ちゃんを想像して萌えました(*´ω`)

No title

『文鳥様と私』文鳥の飼い方としては批判されたりもしていますが、
内容は本当に面白いし、今市子さんの文鳥愛がわかるマンガですよね~。
色んな文鳥さんの描き分けがすごいので、
こんな大家族いいな~と思ったものです(実際は大変そうですが)

ちゅん太郎くんも今、絶賛カミカミ期ですか。
がっつり赤くなるだけで済んでいますか?
ピッピは、皮を引きちぎって出血沙汰になるので、
一時期ひどかったです(^^;)今も名残ありますが。

でもくちばしをつままれて、気まずそうするなんて、
わかってる感じがするので、いずれカミカミ期卒業してくれそうですね。

Re: No title

あやさん

やっぱりもふちゃんもかむんですね!
文鳥飼いの宿命でしょうか(。-_-。)笑
ちゅん太郎もひねりをくわえてきますよ~(´;ω;`)
それも痛いですが、皮膚がびよーんと引っ張られて痛いです…笑
気まずそうにしても1分後に再開したりするので油断なりません!笑

Re: No title

ゆずぽんさん

「文鳥様と私」面白いですよね♪
確かに正しい飼育書にはならないかもしれないですね笑
文鳥ちゃんたちのそれぞれの性格をしっかりつかんでいて、文鳥ごとこんなに性格が違うんだってわかって楽しいですよね(*^^*)
大家族も憧れます~!

ピッピちゃんやんちゃでしたね(*^^*)
幸いちゅん太郎にかまれて出血したことはないです!
まだ感触を楽しんでいる段階ですね…笑
引きちぎる楽しみを覚えないことを祈ります(。-_-。)笑

わかってて楽しんでいるような気もしますが、ちゅん太郎の優しさにかけてみたいです…笑
プロフィール

ちゅん太郎の飼い主

Author:ちゅん太郎の飼い主
文鳥を愛してやまない親バカ飼い主。

小学生のときに初めて文鳥を飼い、それから4羽の文鳥ちゃんと出会って別れました。
今は5羽目のちゅん太郎と住んでいます。

人気記事
最新記事
ランキング
月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。